大まかな会議弁当の種類とそれぞれの特徴

大まかな会議弁当の種類とそれぞれの特徴

会社で大規模な打ち合わせがあったり、他社の人を呼ぶ場合などに注文されるのが会議弁当です。あらかじめ弁当屋に依頼しておき、必ず時間までに届く様にしておきます。他社のお偉いさんが来る場合等は幕の内弁当など高級品にしておくのが定番で、これは和食を中心にあまり脂っこくないメニューで人気のものです。ただ、場合によっては肉体労働系の人たちが集まる事もあるため、一概にそれでいいという事ではありません。例えばスタミナ焼肉弁当の大盛りが適している場合もありますし、時間が短いならカツ丼の大盛りにするなど会議弁当の選び方はその時々によって違ってきます。どの種類の弁当を選ぶ楽しさもあり、相手がワッと喜ぶようなものに出来れば、担当者としてはうれしいでしょう。意外と喜ばれるのが横に追加するオプションで、ちょっとしたデザートやヨーグルトが付いてきたりレトルトでもいいので味噌汁を添えてあげるとそれだけで好評だったりします。

会議弁当を出すならメニューのグレードを意識する

たくさんの人数を集めて会議を行う場合、それが長時間でお昼をまたぐときには主催者側で会議弁当を用意する場合があります。これは専門の会社に依頼してもってきてもらうというもので、遠方から来てくれる参加者に向けてせめてものお礼として良い位置づけの品となっているのです。もちろんその会議弁当の内容、メニューは重要で、後からおいしかったねと言ってもらえるレベルが最低限であり、予算の都合があるものの豪華なものを用意するのが常識となっています。弁当屋でも各種グレードを用意しているので、高級なものや見た感じが高級なメニューを選ぶことが重要です。高くても牛丼などの丼物だと高級感が出にくいため、幕の内であったり焼肉弁当などの、見た目で分かりやすくお金がかかっていると思わせられるものが適切でしょうか。当然ながら数をしっかり調整する事や、時間通りに用意してある事、お茶もしっかり付けてあげるといった複合的な要素も重要です。

高級弁当のデリバリーを東京でに関する情報サイト
会議弁当のススメ

このサイトでは、一般的な企業でよく活用をされているあるグルメについてご紹介をします。それは会議弁当というもので、主にランチ時間にオーダーをされるものです。弁当というとスーパーやコンビニのものを連想しますが、それとは大きく異なった特徴を持っているものです。実際に購入するには予約から必要個数まで把握をしないといけないため、必ず専属の担当者を指名して、間違いのないように毎回発注をしたいところとなります。

Search